URUOSHI

毎日の生活を潤す、ちょっとお得な役立ち情報発信サイト

SEO

現役webマーケターが使う無料で最強のSEOサジェストツール

SEO対策

URUOSHI管理人の、SUMMY(@URUOSHI)です。

ブログ記事を書くときに、まずみなさんが調査するのは「キーワード」かと思います。
その他には「タイトル決め」、記事途中の「hタグへのキーワード入れ込み」がありますよね。

ネット上には無料で調べられるツールがいくつもあります。
その中で今日は、現役webマーケターの自分がいつも使用している「Ubersuggest(ウーバーサジェスト)」をご紹介しようかと思います。

とても便利なツールなので、もっと深くキーワードを掘り下げて調べたい方や、検索ボリュームを知りたい方にはとてもおすすめできます♪

この記事で分かること

  • 「Ubersuggest」とは何か
  • 「Ubersuggest」の画面の見方
  • 「Ubersuggest」でどう効果的なキーワードを見つけるか
それではさっそく見ていきましょう♪

Ubersuggestとは

現役webマーケターとして僕はいくつかのツールを使用する事がありますが、中でも一番使用頻度が高いのが「Ubersuggest」です。

検索順位を上げるSEO対策でまず大事なのが、「キーワード選定」です。
この選び方次第で記事の順位が大きく変わるので、結構シビアになったりしますよね。

キーワードサジェストツール(キーワードの候補を選んでくれるツール)を使えばある程度の事は調べられます。

しかし、本当に使えるのかどうか分からないけど「キーワードサジェストツールは有料のものが多い」
そして有料のものを使っても結局本当に順位が上がるのかは不明・・・。

キーワードサジェストツールはキーワードは選んでくれますが、最も大事なのは「コンテンツの内容」なのです。
なのでキーワードサジェストは無料のもので調べて、コンテンツの質を上げる事に注力を注ぐ事がかなり検索順位を上げる要素になります。

ではなんでUbersuggestはおすすめなの?と思う方も多いと思います。
ざっくり言ってしまうと無料なのにここまで調べらるの?という位機能が多いです。
そして、見せ方(画面)が見やすいので視覚的に数値をとらえる事もありがたいところですね。

基本的に出来る事をあげると

Ubersuggestの機能

  • 大量のキーワードを一度に抽出してくれる
  • 検索ボリュームが分かる
  • サイトのドメインパワーがわかる

これだけ見ると「他のツールとそんな変わらないでは?」と思うかも知れません。

しかし、毎度毎度検索結果を調べて、キーワード選定するのって結構面倒じゃないですか?
Ubersuggestは、調べたいキーワードを入力するだけで、関連するキーワードや検索ボリューム等色々な事が一発でわかります。

では次に実際の画面の見方をみてみましょう♪

Ubersuggestの画面の見方

それではさっそくUbersuggestの画面の見方をご説明します。
分かりやすいように公式ページはこちらです→Ubersuggest

Ubersuggestにアクセスすると

こんな画面が出てきます。

Ubersuggest

使いは、「ドメインかキーワードを入力」のところに検索したいキーワードを入力して、言語を選択して検索ボタンを押すだけになります。

検索結果の見方

では、検索結果の画面のポイントをご説明しましょう。

こんな事が調べられますよ!

  • 検索ボリューム
  • SEO難易度
  • 有料難易度
  • クリック単価(CPC)

例として「seo対策」を調べてみたとしましょう。

Ubersuggest

「seo対策」で調べた場合の結果は以下の通り。

  • 検索ボリューム=22,200
  • SEO難易度=57
  • 有料難易度=66
  • クリック単価=692.63円

検索ボリュームは、月あたりの検索されている回数。
クリック単価は、広告運用されていない方は無視してOKです。
SEO難易度は、数値が高いほど難しく、0に近いほど簡単です。
有料難易度もSEO難易度と同じで、数値が高いほど難しく、0に近いほど簡単です。

また、「月別の検索ボリューム」も表示可能です。
検索ボリュームは季節により変動があるので、この機能はとてもありがたいです。

Ubersuggest

キーワード候補の見方

では次にキーワード候補の見方です。
「月別の検索ボリューム」の下の画面です。

Ubersuggest

項目の説明ですが

項目の説明

  • トレンド:12ヶ月分の検索ボリューム数の推移
  • ボリューム:月間平均ボリューム数
  • CPC:Google広告のクリック単価
  • PD:Google広告枠に上位表示させる難易度
  • SD:自然検索で上位表示させる難易度

画面ではサジェストキーワードや関連キーワードについてや、SEOの難易度も同時に分かるのでとてもありがたいですよね。

SDの値の低いものがニッチなキーワードになりますので、ロングテールの概念と合わせてキーサード選定するのがおすすめです。

SERP(シープ)分析

Ubersuggest

画面の右半分では、キーワードをグーグル検索した際に表示される上位100サイトの「URL」、そのサイトにアクセスが見込まれる可能性のある「流入見込み」、「SNSのシェア数」、「ドメインスコア」が表示されます。

SNSシェア数は「記事の有益性」を知ることができるので、どんな記事を書けばシェアされやすいのか、記事作成アイデアの参考になりますね。

Ubersuggestの凄い所

Ubersuggestの基本的な使い方は何となくご理解出来たかと思います。これからUbersuggestの凄い所というべき機能をご紹介します。

今回は「SEO対策」というキーワードを前提としているので、検索順位1位に来ているURLをクリックします。

オーガニックキーワード

Ubersuggest

オーガニックキーワードは所謂検索エンジン(GoogleやYahoo)で広告枠を除いた検索結果のことです。
「SEO対策」と検索すると、1位表示されるために必要なキーワードがこれだけあるってことです。

Ubersuggest

やはりみなさん気にするキーワードなので検索ボリュームが凄いですよね!

項目の説明

・オーガニックトラフィック
オーガニックキーワードで検索してきた人が、訪問してくれる可能性がある総数です。

・有料キーワード
クリックしたドメインで出している広告の数。

・広告費用
有料キーワードで使った広告費。

トップトラフィックページ

Ubersuggest

トップトラフィックページはあなたのライバルサイトのページが、「どのようなタイトル」で「どんな記事」を書いていて「集客をしているか」までハッキリとみれちゃいます。

SEOキーワード【重要】

Ubersuggest

ライバルサイトがアクセスを集めているキーワードがわかります。
検索ボリュームもそうですが、流入見込みや、キーワードのポジション(検索順位)もわかってしまうんですね。

Ubersuggestのまとめ

「Ubersuggest」は、サジェストキーワードの検索ボリュームやSEO難易度などを簡単にチェックできる無料ツールの中でもとてもありがたい存在です。

キーワード選定ツールは無料のものでも数多くありますが、「Ubersuggest」はその中でも機能面ではとても優れていると思います。
画面構成も見やすいので、初心者の方でも慣れてしまえば他のツールはいらなくなるかも知れません。

ユーザーの検索意図を理解した上で、しっかりとキーワード選定をして、質の高いコンテンツで上位表示を目指していきましょう!

それでは最後までお読み頂きありがとうございました♪

  • この記事を書いた人
SUMMY

SUMMY

地方の商社でITソリューション担当。 主にWebマーケティング・コンサルティングしてます。BtoB向けのSEOコンサルも任されて、結局全部やっちゃってくれ状態。 ここでは主に趣味の筋トレや健康サポート、Wordpressを始めとしたホームページに関する事を記事にしています♪

-SEO

Copyright© URUOSHI , 2021 All Rights Reserved.