URUOSHI

毎日の生活を潤す、ちょっとお得な役立ち情報発信サイト

WordPress

WordPressの画像圧縮プラグインはEWWW Image Optimizerに決まり!

Wordpress 画像圧縮

URUOSHI管理人の、SUMMY(@URUOSHI)です。

悩む人
WordPressの画像圧縮系プラグインは数多くあります。どれを使って良いのかわからない…。できればわかりすいのが良い。

この悩みを解決します。

この記事はこんな方におすすめ

  • WordPressの画像圧縮プラグイン多すぎて迷う
  • どのプラグインが一番良いのか分からない

 

結論EWWW Image Optimizerで決まり!

WordPressで画像圧縮する意味は

WordPressを利用してブログやサイトを作っていると、段々とサイトの表示速度が遅くなってきます。

画像圧縮が必要な理由として、データ量を減らせられるので表示速度が早くなるというわけです。

なんだただの説明じゃないか!と思いますよね。

画像圧縮する事で、サイトの表示速度が上がるとまず離脱率が下がります。せっかくサイトにアクセスされたのに、画像が表示されないとイライラして閉じちゃいますよね…。

サイト表示即速度はSEOにも影響してきますし、ユーザーが見やすいサイトは確実に画像圧縮されています。

では、画像圧縮の効果はどのように得られるかを解説します。

サイトの軽量化

データ量の思い画像を減らすことができるので、読み込むデータが小さくなります。

その結果、表示速度が早くなるというわけです。サイト内画像が軽量化されれば、読み込み速度が遅いのが原因で離脱してしまうユーザーも少なくなります。

また、素早く表示されるとこのサイトは早くて見やすいと、ユーザーの満足度の向上も期待できます。

モバイルフレンドリーなサイトを構築

今の時代サイトにアクセスする人は、パソコンよりもスマホが多ですよね。そのため、近年ではスマホでも快適に閲覧できるサイト制作が必須です。

画像圧縮で、「画像が軽量化されるため、どのデバイスでもストレスのない読み込みが可能」となります。

そして、「モバイルフレンドリー」なサイトがユーザーに届くわけですね。

Googleも推奨

さきほど、「モバイルフレンドリー」という言葉を出しました。これはGoogleが発信する、SEO対策でとても需要なものです。

Googleが提供しているPageSpeed Insightsでサイトを調べてみてください。

おそらく、画像の最適化を勧めてきます。「画像は圧縮するべきである」と言ってると同じですよね。

検索表示順位にそこまで大きく影響すると断言は出来ませんが、画像圧縮は定期的に行いましょう♪

それではEWWW Image Optimizerについて解説します♪

EWWW Image Optimizerについて

Wordpress 画像圧縮

僕は色々画像系のプラグイン使ってみましたが、結論「EWWW Image Optimizer」が一番楽で機能的にも十分です!

そんなEWWW Image Optimizerは、画像を軽量化・最適化できるWordPressプラグインの1つです。

画像圧縮はもちろんですが、不要なメタデータの削除や、最新の画像形式である「WebP」へ対応する設定もできます

色々細部まで設定できますが、基本的に導入後のデフォルト設定で問題ないのが嬉しいところ♪

すでにアップロード済みの画像も一括で圧縮できて、新規でアップする画像は自動で圧縮してくれます。

僕もお客様のサイト制作時は、このプラグインをマストで使用しています!

サイトが重い原因は画像データである事が多いので、重いデータは軽くしてサイトスピードをアップしましょう!

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerの導入方法

それではEWWW Image Optimizerの導入方法ですが、他のWordPressプラグインと同じ手順です。

インストールと有効化

まずはここからスタートですね!

管理画面のメニュー「プラグイン」>「新規追加」から、「EWWW Image Optimizer」を検索。

画面が遷移したら「いますぐインストール」をクリックして、有効化しましょう。

Wordpress 画像圧縮

設定欄からインストールされてるか確認します

無事インストールが完了すると、設定欄に「EWWW Image Optimizer」が追加されていれば大丈夫です。

クリックして詳細を確認していきます。

Wordpress 画像圧縮

EWWW Image Optimizerの使い方

それでは実際に、EWWW Image Optimizerの使い方を確認していきましょう。

デフォルト設定のままでも十分です♪

1設定方法

最初に画像圧縮・最適化の項目の設定をしていきます。

basicタブ

basicタブでは、画像最適化の基本設定を行っていきます。

Wordpress 画像圧縮

まず「Remove Metadata」の項目をチェックしましょう。メタデータとは写真に保存された、レンズ焦点距離や露光量、撮影日時などですが、この情報は要らないので取っちゃいます。画像軽量化ももちろんですが、撮影データに場所などの個人情報あると怖いですので…。

他の項目は基本そのままで大丈夫です♪

各画像の最適化レベルも「Pixel Perfect」で大丈夫です。

※バックアップ元の設定ですが、これは有料版のみ設定可能です。

convertタブ

convertタブは、画像の形式を変換設定ができます。画像形式を変換する必要は基本的にないと思いますので、特に触らなくても大丈夫です。

「コンバージョンリンクを非表示」の項目だけチェックします。

これは、画像形式の変換を意図的あるいは間違ってできないようにするための設定です。

他の項目は基本デフォルトのままで大丈夫です。

Wordpress 画像圧縮

WebPタブ

WebP(ウェッピー)とは、Googleが提供する最新の静止画形式です。今までのの画像形式と比較して、約2〜3割サイズを小さくできます。

WebPタブでは画像をJPGやPNGから、WebPへ変換する設定ができます。

WebPはChrome以外のブラウザでは現状未対応なので、設定する場合は色々と調整しなければいけません。

WebPのブラウザごとの対応状況

特に設定する必要のない方は、デフォルトのまま放置で大丈夫です。

WebP(ウェッピー[2])は、米Googleが開発しているオープンな静止画フォーマット。ファイルの拡張子は「.webp」。
~中略~
ウェブサイトのトラフィック量軽減と表示速度短縮を目的としており、インターネットのWebページで広く使われている非可逆圧縮のJPEGや可逆圧縮のGIF、PNGの置き換えを意図する規格である。JPEGとは異なり、非可逆圧縮でもアルファチャンネルを扱える。

引用:WebP – Wikipedia

2既に投稿済みの画像を一括圧縮する方法

これからアップロードされる画像に関しては、上記で設定した方法で圧縮されます。

ですが、すでにアップロード済みの画像には反映されませんので、そのため既存の画像は別途圧縮する必要があります

そこでEWWW Image Optimizerの便利な機能が「一括最適化」機能で、既存の画像をまとめて一括で圧縮することが出来るんです。

管理画面の左メニュー「メディア」欄から、「一括最適化」をクリックしましょう。

Wordpress 画像圧縮

「最適化されていない画像をスキャンする」を選択。

Wordpress 画像圧縮

圧縮できる画像数が表示されますので、「最適化を開始」をクリックします。

Wordpress 画像圧縮

どの画像が最適化されているのか、進行状況を確認できます。

Wordpress 画像圧縮

どれくらい画像が最適化されたのか、結果を確認することができます。画像の25%が圧縮されたのが確認できますね。

Wordpress 画像圧縮

3新規投稿する画像を圧縮・最適化する方法

EWWW Image Optimizerを有効化しておくと、今後新規で追加した画像は自動で最適化されます。ですので今後は一括圧縮は基本不要で大丈夫です♪

アップロードされた画像がどのくらい圧縮されているのかは、管理画面の「メディア」>「ライブラリ」の画像一覧から確認できます。

Wordpress 画像圧縮

【まとめ】画像圧縮はEWWW Image Optimizerで決まり!

EWWW Image Optimizerは、WordPressサイトの画像の圧縮・最適化におすすめなプラグインです。

簡単に設定・導入でき、自動で画像圧縮をしてくれる便利屋さんです!

画像が重くてサイトスピードが悩みというか方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

それでは最後までお読み頂きありがとうございました♪

本記事は以上です。

  • この記事を書いた人
SUMMY

SUMMY

地方の商社でITソリューション担当。 主にWebマーケティング・コンサルティングしてます。BtoB向けのSEOコンサルも任されて、結局全部やっちゃってくれ状態。 ここでは主に趣味の筋トレや健康サポート、Wordpressを始めとしたホームページに関する事を記事にしています♪

-WordPress

Copyright© URUOSHI , 2021 All Rights Reserved.