URUOSHI

毎日の生活を潤す、ちょっとお得な役立ち情報発信サイト

生活・エンタメ

在宅勤務でも快適にお仕事♪テレワーク向けノートパソコン10選!

在宅勤務 ノートパソコン

URUOSHI管理人の、SUMMY(@URUOSHI)です。

 

悩む人
在宅勤務が始まるけど、会社からパソコンが支給されません・・・。
自分で買うにも基準がわからないから詳しく知りたい。

 

この悩みを解決します。

 

在宅勤務の増加でパソコンが買えなくなる。

 

これは事実で、在宅勤務だとパソコンは必須です。
しかし、製造先からのパーツ供給ができなくなり今ある在庫がつきると
今の値段では到底買えなくなるほど、価格は高騰します。

 

上記の事も踏まえつつ、今回はパソコンの準備はお早めにというお話をしていきます。

 

新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務する方が増えて来ました。
仕事でけではなく、学校でも長期の休校措置でパソコンでの勉強も始まっています。

 

しかし、自前でパソコンを用意しなければいけない人も多いです。
パソコンと言えどもメーカーやスペックが色々あって、どれを購入すればいいのか不安ですよね?
今回はパソコンマニアでもある僕が、おすすめのノートパソコンをご紹介します!

 

この記事で分かること

  • パソコンはWindowsとMacどちらがいいのか
  • どのくらいのスペックが必要なのか
  • パソコン以外に必要なものは?
  • おすすめのノートパソコン

在宅勤務になると、いつ感染するかわからない電車に乗ることもないのでストレスも減りそうです。

しかし、テレワークや在宅勤務で仕事をする場合には大事な機密情報や個人情報を扱うこともあるので、使用するノートパソコンの選び方には注意が必要です。
本記事ではテレワークや在宅勤務を快適にする、おすすめノートパソコンを紹介します。

 

それでは最後までお付き合いください♪

 

パソコンはWindowsとMacどちらがいいのか

在宅勤務 ノートパソコン

パソコンと聞いてまず「Windows」「Mac」の2つは頭に浮かぶかと思います。

 

この2つは何が違うのか?

 

はっきり言ってしまうと「好み」です。

 

Windowsはどちらかと言うと、「会社の実務向け」という方向性です。
エクセルやワード、メールやインターネット等の基本的なものはWindowsもMacでもできます。

 

ただ同じソフトでもWindowsとMacで別々なので、Macはどちらかと言えば「デザイナー」「クリエイター」が持つというイメージが強いです。

 

仕事を円滑にするシステム等は日本の場合Windows基準が多いので、選ぶならWindowsにしましょう!

 

ポイント

日本ではWindowsがメジャーなので、基本的にWindows1択で問題ありません。

Macは持ってるとおしゃれ感ありますが、実務的には導入は難しく本体料金も高めです。

 

どのくらいのスペックが必要なのか

在宅勤務 ノートパソコン

スペックというのはパソコンの性能の事です。

 

どれくらいの性能が必要なの?というのはみなさん迷う事が多いですよね。
スペックは「何をするか」によって変わって来ます。

 

基本的に日本の一般的な企業だと、見積もり作成の為に「エクセル」、プレゼン資料に「パワーポイント」
ここら辺が一般的な使い道なので、そんな高スペックなものは必要ありません。

 

逆に凄いパソコンに負荷がかかる「ゲーム」等が目的の場合、相当スペックの高いパソコンが必要になります。

 

Windowsベースで考えると、今のOS(オペレーティングシステム)はWindows10なので、
CPUはCore iシリーズ、メモリは4G、SSD240Gがベースラインになるでしょう。

 

CPU、メモリ、SSD(HDD)の役割を簡単にまとめると

 

CPU

CPUとは、パソコン上のハードウェアやソフトウェアから受け取る全ての指示を処理するパーツのことです。
パソコンの中心的な役割を果たし、必要不可欠なパーツです。

人間の脳に例えられることがあります。脳からの指令で手足を動かすイメージですね。

 

メモリ

メモリはCPUが処理を実行するための作業スペースで、同時に開いて作業のできるソフトの最大値を示します。
ソフトは1つ立ち上げるごとにちょっとずつメモリを使用するので、メモリの限度以上の数のソフトを一度に使うことはできません。

 

よく机の大きさに例えられ、机が広ければたくさんの書類や参考書を開いておけ、それだけ作業を効率的に行えます。
つまり、メモリが大きいほど多くのソフトを同時に立ち上げて作業ができ効率的なんです。

 

メモリについてはこちらの記事がおすすめです

 

SSD(HDD)

HDDはあらゆるデータの保管庫で、「書斎」というように説明されることが多いです。

書斎には本やCDや書類、DVDなど、さまざまな物が置いてありHDDはまさにそういうものです。
部屋が広ければ広いほど物がたくさん置けるのと同じく、HDDの容量が多ければ多いほどたくさんのファイルを保存できます。

 

SSDはHDDの後に出た規格のもので、HDDの数倍の速さでパソコンの起動やソフトの起動や操作が速くなります。
現在は圧倒的にSSDが主流です。

 

SSDについてはこちらの記事がおすすめです

 

 

おすすめのノートパソコン10選!

それではおすすめのノートパソコンを10選紹介します。

スペックも重視しつつ、値段もびっくりするほど高くないものをまとめました。

 

Acerノートパソコン Swift 1 SF114-32-H14Q/S

Acerノートパソコン Swift 1 SF114-32-H14Q/SはMicrosoftのエクセル、ワード、パワーポイントは本体価格に含まれていません。
あらかじめ高互換性のキングソフト WSP Spreadsheets、WPS Writer、WPS Presentation はインストールされています。

日常使用であれば、ほぼ困ることはないです。

基本スペック
CPUインテル Celeron N4000 プロセッサー/インテル バースト・テクノロジー対応
最大2.60GHz/キャッシュ 4MB
メモリ4GB DDR4-2666MHz SDRAM
ストレージ128GB SSD M.2 (Type 2280), PCIe, NVMe
グラフィックインテル UHD グラフィックス 600 (CPUに内蔵)
ディスプレイ14.0インチ/フルHD(1920×1080)/16:9/LEDバックライト/非光沢パネル/表示色:1670万色/IPS

 

 

Dell ノートパソコン Inspiron 14 5490

Inspiron 14 5490は、薄くて軽い筐体に機能を満載した14インチノートパソコンです。
リッドオープンセンサーを搭載しています。蓋を開けるだけで電源が入るので、必要な時に素早く情報にアクセスが可能です。

3つの側面のスリムベゼルが画面を強調し、気を散らさずにお気に入りのショーやプレゼンテーションをスタイリッシュに表示したり操作したりできます。
薄さ2cm未満、軽さ1.5kg弱のこのノートパソコンは、簡単にバッグに滑り込ませる事ができます。
DELL CINEMAテクノロジーを搭載し、エンターテインメントにも最適です!

基本スペック
CPU第10世代 Intel Core i5 10210U (コア: 4/キャッシュ: 6MB/最大: 4.20GHz)
メモリ8GB DDR4 2666MHz(4GB オンボード+1x4GB(SODIMM スロット)
ストレージ256GB SSD
グラフィックIntel UHD Graphics
ディスプレイ14インチFHD(1920x1080)/パネル:広視野角,非光沢

 

 

HP 250 G7 Windows10 Pro 64bit Celeron-N4000

HPのビジネスノートは信頼と安心の東京生産です。
サポートでも日本国内にサービス拠点を置いているので、1年間引き取り修理保証・1年間パーツ保証・電話サポートを受ける事が出来ます。

基本スペック
CPUインテルCeleron-N4000 1.1GHz(最大2.6GHz)
メモリ4GB
ストレージHDD 500GB
グラフィックインテル® UHD グラフィックス 600
ディスプレイ15.6型LED液晶ノートパソコン(非光沢・1366x768)

 

 

【MS Office H&B搭載】Lenovo ThinkPad L570

Microsoft Office Home and Business2016、DVDスーパーマルチを搭載した Lenovo社製 ThinkPad L570です。
ウイルス対策ソフト、ESETパーソナルセキュリティ1年ダウンロード版同梱(商品化粧箱側面に添付)。

メーカー1年間引き取り修理対応しています。

基本スペック
CPUCore i5-7200U 2.5GHz CPU
メモリメモリ4GB(4GBx1 空スロットx1 最大32GB PC4-17000)
ストレージHDD 500GB(7200rpm)
グラフィックIntel HD Graphics 620
ディスプレイ15.6 インチ

 

mouseノートパソコン 15.6型 MB-J508SHWPZI

DVDスーパーマルチドライブ搭載。用途によって4タイプのインテルプロセッサーから選択できる15.6型フルHDノートパソコンです。

・PC利用環境にあわせ、4タイプのインテルプロセッサーCeleron 4205U/Core i3-8145U/Core i5-8265U/Core i7-8565U が用意されています。
・簡単な作業ならCeleronを、複数のタスクを同時に行うならCore i7と、ご利用用途に合わせてお好みのCPUが選べる!
・振動や衝撃に強く、軽量で高速な起動を実現するSSDを搭載。240GBまたは480GBから選択可能。

基本スペック
CPUインテル Core i5-8265U (4コア/8スレッド/1.60GHz(TB時最大3.90GHz))
メモリメモリ:8GB PC4-19200 (8GB×1、DDR4) スロット数:2 (空き 1)/ 最大32GB
ストレージSSD 240GB(SATA / 6Gbps対応)
グラフィックIntel
ディスプレイ15.6 インチ

 

 

CHUWI LapBook Pro ノートパソコン 14型 FHDスクリーン

狭いベゼルデザインで、ほぼ90%の画面占有率、広い視野角で画面に引き込ませます。
高精細に表示してくれる高画質の14インチFHDスクリーン、1920*1080解像度で、細部までも見やすい繊細な画像を楽しむことができます。

基本スペック
CPUインテル Gemini-Lake N4100プロセッサー
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
グラフィックIntel
ディスプレイ14 インチ

 

 

【進化版】Jumper EZbook X7 ノートパソコン ノートPC 13.3インチ

正規Windows 10 64bit Intel Apollo Lake N3450 1.1-2.4GHz CPU。
この CPUは必要なとき、2.4GHzに達して、優れたデータ転送機能 ビデオを流暢に見ることができます。

メモリは8GB DDR3L と 256GB SSD 最大128GBのSDカード:ノートパソコンがスムーズに動作できます。
また専門蓋が置いて、便利にメモリ拡張できて、ネットワークから好きなものをダウンロードして保存できる巨大なストレージ容量を備えています。

基本スペック
CPUCeleron N3450
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
グラフィックIntel HD Graphics 500
ディスプレイ13.30 インチ

 

BMAX S15 ノートパソコン 15.6インチ IPS 大画面 薄型ノートPC

BMAX S15は、15.6型の大画面ディスプレイを搭載しながら、コンパクトで軽量な気軽に持ち運べる高いモビリティー性能を実現しています。
わずか1.8kgの本体重量、軽量かつコンパクトなので、バッグに気軽に入れて持ち歩きが可能です。

高精細に表示してくれる高画質の15.6インチIPSスクリーン、1920*1080解像度で、コンパクトなボディに大きな画面を搭載しています。
見やすい大画面でマルチタスクやエンターテインメントの幅を広げてくれます。

基本スペック
CPUインテル Gemini-Lake N4100プロセッサー
メモリ8GB
ストレージ128GB SSD
グラフィックIntel UHD Graphics 600
ディスプレイ15.60 feet

 

 

富士通 ノートパソコン FMV LIFEBOOK UHシリーズ WU3/D2

軽量かつ軽快な動作で持ち歩くビジネスPCとしては最適です。
外形寸法がやや大きいことと、見た目のプレミアム感が少し微妙。

HPのSpectreシリーズやDELLのXPS13シリーズのような外形のコンパクトさと見た目の高級感が伴えば最強のPCです。

基本スペック
CPUインテル Core i7-8565U
メモリ16GB
ストレージ256GB SSD
グラフィックIntel
ディスプレイ13.30 インチ

 

 

【2010 Office/Windows10標準搭載】 15.6インチ超薄軽量大画面

2019年の最新型発光キーボード15.6インチ、8G大容量メモリー/64GB+256GB SSD 搭載しています。
J3455静音CPU 超薄超軽量ノートパソコン登場、高画質、ハイスペックで仕事、ゲームなど様々な場面に活用できて、外出の携帯に便利です!

基本スペック
CPUCeleron J3455
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
グラフィックIntel
ディスプレイ15.6インチ

 

 

テレワーク向けパソコンのまとめ

今回は在宅勤務向けのノートパソコンを紹介しました。

 

スペックや料金等各メーカーで様々ですが、自分なりに厳選してご紹介しました♪
いずれの商品も在庫が少なめになってきているようなので、是非この機会に検討してみてはいかがでしょうか!

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

本記事は以上です。

 

  • この記事を書いた人
SUMMY

SUMMY

地方の商社でITソリューション担当。 主にWebマーケティング・コンサルティングしてます。BtoB向けのSEOコンサルも任されて、結局全部やっちゃってくれ状態。 ここでは主に趣味の筋トレや健康サポート、Wordpressを始めとしたホームページに関する事を記事にしています♪

-生活・エンタメ

Copyright© URUOSHI , 2021 All Rights Reserved.