URUOSHI

毎日の生活を潤す、ちょっとお得な役立ち情報発信サイト

WordPress

【WordPress】ContactForm7の迷惑メールをreCAPTCHAで解決しよう!

Wordpress 迷惑メール

 

URUOSHI管理人の、SUMMY(@URUOSHI)です。

悩む人
WordPressの問い合わせにContactForm7を入れたけど、良くわからない英語のメールが来て怖い…。どうすれば解決できるの?

このお悩みを解決します。

この記事で分かること

  • 迷惑メールを防ぐreCAPTCHAとは
  • 迷惑メールを防ぐreCAPTCHAの設定方法
  • 迷惑メールを防ぐreCAPTCHAの使い方
  • 問い合わせフォームだけにreCAPTCHAを表示させる
それでは最後までお付き合い下さい♪

 

reCAPTCHAってどんなもの?

迷惑メールではなくて、ちゃんとしたお客様からのお問い合わせが欲しい!ですよね。

WordPressでサイトやブログを運用中するにあたって、ContactForm7というプラグインはとても優秀で使いやすさも抜群です。

お問い合わせフォームなど、設定さえしてしまえば色々なページにショートコード等でフォームを挿入出来ます。

ただ、ContactForm7だけの問題ではなく、フォームから大量英語の訳の分からんメールが送られてきませんか?

本当迷惑ですよね…。

そんな迷惑メールに「reCAPTCHA」を使って対策しましょう!

ContactForm7とは相性もよく、簡単に設定が出来るので是非使ってみましょう♪

reCAPTCHAの仕組み

「reCAPTCHA」は、Google提供のスパム行為を防ぐシステムのひとつです。

フォームの「名前」「連絡先」「メールアドレス」などの入力欄に、文字列を機械的に流し込ませることで送信ボタンをクリックするまでの処理を防いでくれます。

サイトで問い合わせフォームの最後に、なんだか「文字と数字がならんだもの」を見た事ありませんか?

正しい文字を入力しないと送信出来ないタイプのものですが、正しく入力したつもりが間違ってたりすると「面倒くせー!」ってなりますよね…。

「じゃあもういいや!」とそこでサイトから離脱してしまう原因にもなります…。

そこを改善して、シンプルに「私はロボットではありません」の表示とチェックボックスの形が現在の仕様です。

Wordpress 迷惑メール

本記事ではチェックボックスのパターンと、違う表示の仕方の設定もご説明します♪

reCAPTCHAの設定方法

それぞれ図解しながら設定方法を見て行きましょう♪

1「reCAPTCHA」設定ページへ進む

「管理画面」⇒「お問い合わせ」⇒「インテグレーション」をクリック。

開いたページの「google.com/recaptcha」をクリックして、「reCAPTCHA」設定ページへすすみます。

Wordpress 迷惑メール

2必要事項を入力します

右上の「My reCAPTCHA」ボタンをクリックして設定画面へ進みます。

Googleアカウントにログインしていない場合は、ここででログインを求められます。

Wordpress 迷惑メール

Wordpress 迷惑メール

この次に登録完了の画面が表示され、「サイトキー」「シークレットキー」が表示されます。

忘れないように、この2つをメモなどにコピペして保存しておきましょう。

Wordpress 迷惑メール

3取得したkeyを、ContactForm7に反映

先ほど表示された、「サイトキー」「シークレットキー」をContactForm7に設定していきます。

「管理画面」⇒「お問い合わせ」⇒「インテグレーション」をクリックして、ページにある「キーを設定する」ボタンをクリックします。

Wordpress 迷惑メール

先ほどの、「サイトキー」「シークレットキー」を入力欄入力して、「保存」ボタンをクリックします。

「変更を保存」をクリックして完了。

Wordpress 迷惑メール

reCAPTCHAが正しく設定できていれば、Webサイトを開くと画面右下にreCAPTCHAのマークが表示されます。

マークにカーソル(マウスポインタ―)を合わせるとreCAPTCHA で保護されていますと表示されます。

Wordpress 迷惑メール

ここで注意ポイント!

ContactForm7でreCAPTCHAを設定すると、サイト内の全てのページでreCAPTCHAのマークが表示されてしまいます。

次に「Contact Form 7」の問い合わせフォームだけに表示する方法を解説します。

reCAPTCHAを問い合わせフォームだけに表示させる

問い合わせフォーム以外のページに、reCAPTCHAのマークを表示したくない!

その場合はInvisible reCaptcha for WordPress、というプラグインを使って設定することができます。

Invisible reCaptcha for WordPress

ここで注意ポイント!

Invisible reCaptcha for WordPressを使う場合は、「Contact Form 7」でキーを削除する必要があるので注意しましょう。

 

それでは手順を解説していきます。

1ContactForm7でreCaptchaを設定している場合は「キーの削除」

Contact Form 7でreCaptchaを設定している場合はまず「キーの削除」をしましょう。

Invisible reCaptcha for WordPress

「管理画面」⇒「プラグイン」⇒「新規追加」から「Invisible reCaptcha for WordPress」をインストールして有効化しましょう。

有効化が済んだら、「設定」から「Invisible reCaptcha」を選択してくだい。

設定画面が表示されるので、まず先ほどのreCAPTCHAの「サイトキー」と「シークレットキー」を入力します。

「Language」の部分で言語が選択出来ます。「Badge Position」は表示場所です(基本右下でいいかなと思います)。

入力が済んだら「変更を保存」をクリックします。

Invisible reCaptcha for WordPress

次に「WordPress」をクリックして、必要な項目にチェックを入れて「変更を保存」をクリックします。

項目の内容は上から、以下の4つがあります。

設定出来る項目

  • ログイン画面の保護を有効にする
  • 登録フォームの保護を有効にする
  • コメント欄の保護を有効にする
  • パスワードを忘れたときのフォームの保護を有効にする

Invisible reCaptcha for WordPress

最後に「Contact Forms」をクリックします。

ここで「Enable Protection for Contact Form 7」にチェックをいれて「変更を保存」をクリックして作業は完了です!

Invisible reCaptcha for WordPress

サイトを確認してみて下さい。

「問い合わせフォーム」以外のページでは「reCAPTCHAのマーク」が表示がなくなっているはずです!

お疲れ様でした♪

【まとめ】迷惑メールはreCAPTCHAで解決!

今回はContactForm7で迷惑メールを防ぐ方法を、プラグインと合わせてご紹介しました。

「reCAPTCHA」は迷惑メールにとても有効的なので、迷惑メールで困っているという方はぜひ設定してみてください!

それでは最後までお読み頂きありがとうございました♪

本記事は以上です。

  • この記事を書いた人
SUMMY

SUMMY

地方の商社でITソリューション担当。 主にWebマーケティング・コンサルティングしてます。BtoB向けのSEOコンサルも任されて、結局全部やっちゃってくれ状態。 ここでは主に趣味の筋トレや健康サポート、Wordpressを始めとしたホームページに関する事を記事にしています♪

-WordPress

Copyright© URUOSHI , 2021 All Rights Reserved.