URUOSHI

毎日の生活を潤す、ちょっとお得な役立ち情報発信サイト

生活・エンタメ

サポート終了のWindows7が停電!?最終アップデートで壁紙が消える!

Windows7

URUOSHI管理人の、SUMMY(@URUOSHI)です。

驚いた人
あれ?Windows7の壁紙が消えちゃった!怖い…なにこれ?なんか変な事しちゃったのかな?

この怪奇現象を解決します。

Windows7はサポートが終了したOSです。

Windows10にアップグレードした方の中にも「Windows7は使いやすかった!」という方も多いと思います。

今回起きている、壁紙が無くなって停電状態になる原因を解決します。

この記事で分かること

  • Windows7から壁紙が消える謎
  • Windows7を使い続けるのは危険
  • Windows10へのアップグレード方法
それではこの謎を解いていきましょう♪

 

Windows7の壁紙が消える現象

Windows7 サポート終了

1月14日にサポートが終了したWindows7。残念ながら過去の産物になってしまいましたね…。

そんなWindows7に対して、Microsoftが同日にリリースした最後の月次アップデート「KB4534310」を適用すると、「デスクトップの壁紙がおかしい!」との報告が出ているようです。

不具合状況はというと、アップデート適用後に再起動したら、デスクトップのアイコンに異常はないが壁紙が表示されなくなり、背景が真っ黒な状態になるとのこと。

原因は壁紙を拡大表示にしているとこの症状が発生するという意見が多い。そして、現時点でこのバグを修正するパッチ等がリリースされるかは不明です。

Windows7を使い続けるのは危険です!

Windows7 サポート終了

基本的にサポートの切れたOS(今回であればWindows7)を使用すると、まずシステムの不具合やウイルスの攻撃に弱くなります。

さらに、サポートが終わっているので対処されなくなります。延長サポート期間中はセキュリテイの更新が適用されてましたが、サポートが切れるとこうした更新がなくなります。

ウイルスは日々進化しみなさんを狙っていますので、Windows7を使い続けるという選択は、ウイルス感染や個人情報の漏えいなど、セキュリテイに対するリスクが高まります。

極めつけは、問い合わせサポートなども対応されなくなるという事。

OSのサポート終了とあわせて、各アプリケーションの機能更新やサポート対応も受けられなくなる可能性もあります。

「インターネットに接続しないから大丈夫じゃない?」と、考えている人結構いると思います。

確かに、インターネットに接続しないで使用すればウイルス感染等のリスクは避けることができます。

ここで注意したいのは、ローカル環境にもリスクが潜んでいるという事です!

例えば、違うパソコンに接続したことがあるUSBメモリや外付けHDDなどからウイルスに感染する危険性もあるんです。

最新OSで問題なく対処できていたウイルスも、Windows7では対処できない場合もあります。

Windows7を使い続けるなら、安易に外部記憶装置を使用するのは控えた方がいいと思います。

サポート切れてもウイルス対策ソフトがあれば大丈夫なのでは?

Windows7 サポート終了

ここはみなさん考える部分だと思います。

悩む人
「Windows7のサポートが終了してセキュリティ更新プログラムが提供されないなら、『ウイルスバスター』などのウイルス対策ソフトを導入すればいいんじゃないの?

こう考える人は、思いのほか多いと思います。

結論からいえば、この考えは間違っています!

サポート終了後のOSを使い続けるのは、リスクが高すぎなので絶対におすすめしません!

最新OSのWindows10も、セキュリティ対策はサポート期間中にセキュリティ更新プログラムを自動配信してくれる「Windows Update」に加え、OS標準のウイルス対策アプリでもある「Windows Defender」の2段構えでセキュリティに備えてます。

「Windows Defender」だけでいいんじゃない?と思いますが実はそれだけでは危険で、もちろん理由があります。

OSはパソコンを動かす集合体ですから、どうしても「セキュリティホール」と言われる構造上の欠陥が存在します。

その欠陥を修正する役割を担当するのが、セキュリティ更新プログラムなんです。

悩む人
じゃぁ、セキュリティホールもウイルス対策ソフトで修正すればいいんじゃない?

実はそうはいかない事情があります。

セキュリティホールの修正ソフトを作るには「OSの内部構造に精通している」必要があり、開発元であるマイクロソフト社以外の企業では手に負えないんです。

悩む人
Windows Updateでセキュリティ対策をまとめて施せばいいんじゃないの?

これも誤りなんです。

Windows Updateはセキュリティホールを日々修正しますが、すべてに対応できるという訳ではないんです。

その間隙を狙って入り込んでくるのがマルウエアやウイルスで、ウイルス対策ソフトは主にマルウエアを駆除するという仕事をします。

言ってみれば、Windows Updateとウイルス対策アプリは、Windowsのセキュリティを確保する意味でどちらも欠かせない存在なんですよね!

今現在もWindows7のパソコンを使っている人は、早急にWindows10に乗り替えるべきです!

Windows10へのアップグレード方法

サポート切れのWindows7を使い続ける怖さが、お分かり頂けたかと思います。

出来れば早急にWindows10にアップグレードするか、パソコン自体が古いのであれば買い替えるのもありだと思います。

Windows10へのアップグレード方法は別の記事で書いてますので、是非参考にしてみてください♪

Windows10へのアップグレード!失敗を防ぐ注意とポイント

Windows7アップグレード
Windows7をWindows10へアップグレード!失敗を防ぐ注意とポイント

続きを見る

Windows10へのアップグレード方法を図解で解説

win7
【図解】Windows7をWindows10へ無償アップグレード!実践ガイド編

続きを見る

【まとめ】Windows10に早急にアップグレードしましょう!

サポートが切れたOSを使うのは、保険に加入していない車を走らせるのと同じです。

事故が起きてからでは遅いのです…。

なるべく早く新しいOSに切り替えて、安心してインターネットを楽しみましょう!

それでは最後までお読み頂きありがとうございました♪

本記事は以上です。

  • この記事を書いた人
SUMMY

SUMMY

地方の商社でITソリューション担当。 主にWebマーケティング・コンサルティングしてます。BtoB向けのSEOコンサルも任されて、結局全部やっちゃってくれ状態。 ここでは主に趣味の筋トレや健康サポート、Wordpressを始めとしたホームページに関する事を記事にしています♪

-生活・エンタメ

Copyright© URUOSHI , 2021 All Rights Reserved.